「縁」を大切に! 親戚付き合いを円滑にする6つのコツ

「縁」を大切に! 親戚付き合いを円滑にする6つのコツ

各ご家庭の事情にもよりますが、親戚といっても、お正月やお盆などのイベントのときだけなど会う機会が少ない場合があります。
ましてや義理の両親や旦那様・奥様の親戚は血が繋がっていない上に知り合ってからの期間も短く、より付き合うのが難しく感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな親戚付き合いをより円滑にし、上手に付き合っていくコツをご紹介します。

(1) イベントには顔を出そう

お盆やお正月などのイベントは、家族だけで過ごすのではなく、両親や親戚の家に顔を出す(または家に招く)ことを優先して予定を立てるようにしましょう。
年に数回でも顔を合わせていれば、その分関係性も深まりますし、会ったときの会話に困ることも少なくなるでしょう。

少ない回数でも定期的に親戚で集まる機会を作ることが大切です。

(2) 受け入れることが大事

もし血の繋がっていない義理の関係であったとしても、親戚というのは何かしらの縁で繋がっている相手と言えます。
親戚付き合いには面倒であったり、難しいこともあるかもしれませんが、自分で選んだ関係ではないからこそ、その関係や相手のことを受け入れることが重要です。

たとえば、血の繋がらない親戚であれば、出身地が違うために風習や考え方の違いを感じることもあるかもしれません。

そんなときにこそ、自分の考え方に固執するのではなく、相手の考えを受け入れる姿勢が必要になってくるのです。

(3) 良いイメージを持ってもらう

会う機会の少ない間柄だからこそ、その少ない時間の中で良いイメージを持ってもらうことが大切です。
なかなか会わない相手なので、一度悪いイメージを与えてしまうと払拭するのに苦労することになります。

一緒に過ごす時間は少ないので、その間だけでも頑張って良いイメージを持ってもらうようにしましょう。
とはいえ、無理をして全く違う自分になる必要はありません。

良く動いて働いてくれている、という印象を与えることが出来れば成功と言えるでしょう。

(4) 相手の立場に立って考える

こちらが「あの人苦手だな」と思っているとき、もしかしたら相手も同じ様に感じているかもしれません。
自分にとっての「親戚付き合い」と考えてしまうと、一方的な考えに偏ってしまいがちですが、その親戚たちにとっても、自分との付き合いは「親戚付き合い」になるのです。

このように自分のことばかり考えるのではなく、相手の立場に立つことで見えてくることがあるかもしれません。

(5) ほどよい距離感を保つ

親戚というのは、生涯切っても切れない関係とも言えます。
血が繋がっていればなおさらでしょう。
だからこそ、お互いの距離感が大切になってきます。

離れすぎて疎遠になってしまうのも問題ですが、踏み込みすぎればトラブルの原因にもなりかねません。
お互いにとって丁度いい距離感をもって接するようにしましょう。

(6) ときには本音で向き合い、お互いのことを理解する

親戚というのは、生涯切っても切れない関係とも言えます。
血が繋がっていればなおさらでしょう。
だからこそ、お互いの距離感が大切になってきます。

離れすぎて疎遠になってしまうのも問題ですが、踏み込みすぎればトラブルの原因にもなりかねません。
お互いにとって丁度いい距離感をもって接するようにしましょう。

いつでもどこからでも占いができます

業界トップレベルの占い師がお待ちしております

鑑定の流れ

占い師は皆ハイレベルで、「なぜ私の心がわかるの?」という驚きの声がたくさん寄せられています。

電話鑑定

198 / 1分
  • 税込み
  • クレジットカード利用可能
  • 指名料金無料
はじめてご来店のお客様にプレゼント
1000ポイントをプレゼント。 次回の鑑定は1000円の割引が出来ます。 ・お友達紹介ありがとうキャンペーン実地中! 紹介してくれた方とお友達それぞれに1000ポイントをプレゼント。次回の鑑定は1000円の割引が出来ます。