ママ友との円滑なお付き合いのために注意したいこと

ママ友との円滑なお付き合いのために注意したいこと

大変な子育ての不安や心配事をわかちあえるところがママ同士のお付き合いのいいところですが、ひとたび付き合い方を間違えれば余計なトラブルを招くこともあります。
お子さんたちの関係を邪魔しないためにも、円滑な付き合いをするコツを覚えておきましょう。

今回は、ママ友とのお付き合いに不安を感じているという人がおさえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

ママとして、大人の対応をする

たとえママ友関係ではなかったとしても、学校の行事への参加や役員の仕事をしているうちに、自然に他のママたちのお世話になることは充分考えられます。
ママ友は作らない主義だったとしても、友人でない人には挨拶はしなくていいということはありません。

笑顔で挨拶をされて、嫌な気持ちがする人はまずいません。いつでも笑顔で挨拶をできるように心がけましょう。

お礼は言う、役員や係に決まったときは責任を持って役目をこなすなどの大人としてのマナーをしっかりと守ることがママ友や学校関係者との円滑な人間関係を作ります。
また、人見知りで愛想よくコミュニケーションを取れないという人は、事前に「人見知りなだけなので、話しかけてくれたら嬉しい」ということを自分から伝えておきましょう。

こんな付き合い方はNG

いくらママ友関係でこじれたくないからといって、ママ同士のすべての関係を断つことはできません。
子供が小さいうちは親が参加せねばならない行事は多いものですが、大きくなってからでも同じ地域に住んでいれば顔を合わせる機会は多々あります。
親睦会や保護者会のすべてに不参加だと、スムーズな人間関係が築きづらくなります。

しかし、ママ友のコミュニティやママ友の誘いのすべてに参加しなければと頑張りすぎてしまうと、不自然な人間関係に疲れてしまう可能性が高いです。
毎回、親睦会に参加せねばならないということはありません。適度な距離感を保つよう意識しましょう。

無理のない人間関係かどうか

子供同士が同世代というだけで、誰とでも友人になれるというわけではありませんし、女だけのコミュニティがそもそも苦手という人もいるかもしれません。
今ではインターネットの普及により、子育ての情報サイトは5万とあります。

中にはSNSを通じて育児に対する悩みを相談しあっているという人もいるでしょう。
ママ友を作らねばと意気込むあまり、価値観や歩調がまったくあっていない相手と不自然な友人関係を作ると後々になってから気苦労を背負い込むことになります。
ママ友同士のトラブルに巻き込まれてしまわないよう、自分や子どものことを考えてママ友と接するようにしましょう。

ママ友に相談したせいで余計に問題が大きく発展してしまう可能性があります。
信頼できる相談相手がいない場合は、電話占いなどを利用して第三者に相談することも一つの方法です。

円滑にママ友たちとの関係を保ち、ママもお子さんも楽しい園・学校生活が送れるようにしましょう!

いつでもどこからでも占いができます

業界トップレベルの占い師がお待ちしております

鑑定の流れ

占い師は皆ハイレベルで、「なぜ私の心がわかるの?」という驚きの声がたくさん寄せられています。

電話鑑定

198 / 1分
  • 税込み
  • クレジットカード利用可能
  • 指名料金無料
はじめてご来店のお客様にプレゼント
1000ポイントをプレゼント。 次回の鑑定は1000円の割引が出来ます。 ・お友達紹介ありがとうキャンペーン実地中! 紹介してくれた方とお友達それぞれに1000ポイントをプレゼント。次回の鑑定は1000円の割引が出来ます。