就職したいフリーターがおさえておきたいポイント

就職したいフリーターがおさえておきたいポイント

これまでフリーターとして比較的自由な働き方を選択していたという人が、いざ就職をしようと思ったときどんなことに気を付けたらいいのでしょうか?

フリーターであったことを生かして就職するには、企業にアピールしたい場所をしっかり押さえておく必要があります。
今回は、フリーターが就職する際に、失敗しないためにおさえておきたいポイントをご紹介します。

 

フリーター経験者の強みとは?

就職ではなくフリーターとして生活をしていたことには、それぞれ理由があったはずです。
「何もやりたいことがなかった」というものでも、それも理由の1つになります。

本格的な就職活動を始める前に、フリーターをしていた自分の強みとは何かを考えてみましょう。
一般的に新卒採用されて新入社員として入社した人の多くは、社会に出てからの多種多様な経験を持ち合わせていません。
フリーターとして働きながら得た知識や経験は、大きな財産です。

一つの職種だけでなく、いくつかの職種の経験があるという人もいることでしょう。
様々な職種の経験を重要視する企業もありますし、反対に一つの職場でフリーターとして長く勤めているという人の、よりディープな経験を重要視することもあります。

フリーターをしてきた経験は、どんな経験であれ決して無駄にはなりません。自信を持って就職活動にのぞみましょう。

どんな企業を選んだらいいのか

多くの企業で社員を採用する際、年齢制限を設けています。
三十代で転職を繰り返すことは、二十代のときとは違い収入面で不利になってしまうことがあります。

人によっては有利な就職をするために使える時間があとわずかしか残されていない場合もゼロではありません。
三十代で就職をする場合は、これが最後のチャンスと考えて就職先に安易な妥協はしないことです。

五年後、十年後の将来像が見えないという企業を選択することは避け、長期間働けるだけの魅力がある企業なのかどうかを見極めることが重要となります。

企業選びで失敗しないためには

企業を見極めると言っても、魅力的な企業に長期間勤めていられるかどうか確信が持てないという場合はほとんどでしょう。
内定をもらって、いざ働き始めてみたら思っていたような職場ではなかったということは多々あります。

企業選びを失敗しないために重要なことは、的確な情報収集です。
情報収集のために使えるものはなんでも使いましょう。

より多くの求人情報を集めるためには、就職支援サービスの利用をおすすめします。
就職支援サービスでは求人誌に出ていない求人情報を提供してもらえたり、履歴書の書き方や面接の対策などの相談に乗ってもらえます。
就職活動中は、果たして本当に自分の選択は間違っていないのかと不安になることがしばしばあります。
もし、信頼のおける相談相手に恵まれない場合には、電話占いで心の不安を解消することも一つの方法です。

フリーターから正社員になるには、不安も沢山あることでしょう。
しかし、せっかく新しい扉を開こうとしているのですから、今よりも楽しい人生を歩むために自分の将来に繋がる就職活動を行ってください。

いつでもどこからでも占いができます

業界トップレベルの占い師がお待ちしております

鑑定の流れ

占い師は皆ハイレベルで、「なぜ私の心がわかるの?」という驚きの声がたくさん寄せられています。

電話鑑定

198 / 1分
  • 税込み
  • クレジットカード利用可能
  • 指名料金無料
はじめてご来店のお客様にプレゼント
1000ポイントをプレゼント。 次回の鑑定は1000円の割引が出来ます。 ・お友達紹介ありがとうキャンペーン実地中! 紹介してくれた方とお友達それぞれに1000ポイントをプレゼント。次回の鑑定は1000円の割引が出来ます。