「好き」だけでは駄目?越えなければならない恋愛のハードル

「好き」だけでは駄目?越えなければならない恋愛のハードル

恋愛には悩みがつきものと言ってもいいでしょう。

何時の時代にも変わらず多くの男女が恋愛関係に悩んできました。
状況は千差万別でありながら、なぜか共通して起こりやすい悩みがあります。

「連絡がない」というのが、その1つ。
恋人からの連絡が途絶えるというのは悲しいものです。
相手への気持ちが残っているなら、なおさら辛いと思います。
もしそういう問題に直面してしまったとしたら、直接理由を尋ねる前に原因を探るのがおすすめです。

原因としてよくある例をご紹介しましょう。

連絡が途絶える原因と対処方法

1・忙しい
単純に忙しくて連絡が出来ないケースです。
仕事の状況が変わっていくと、どうしても社会人は忙しくなるものです。
この場合は、連絡の頻度は減っても音信不通というわけではないはず。
慌てて連絡を催促すると、それがお互いの溝を作るきっかけになる
可能性もあります。

相手のペースに合わせて「待つ」姿勢が信頼感を高めるでしょう。
ただし、定期的な連絡は欠かさないようにしましょう。

2.プレッシャー
交際期間が長くなると発生しやすい原因の1つです。
相手との結婚など、将来を意識した瞬間に、その交際関係にプレッシャーを感じるようになってしまい、相手との接触を避けてしまう。
そんな時に焦りは禁物です。
プレッシャーを感じるほど真剣に「付き合い」を考えているのだと、
ポジティブに考えましょう。
1週間に1回程度の緩やかなペースで連絡を取り合い、相手の気持ちを把握する事が大事です。

3.迷い
「迷い」もやはり「プレッシャー」同様、交際期間が長いほど連絡が途絶える原因になりやすいものです。
付き合いが深まると自然に2人の「将来」が視野に入ってきます。
そうすると、本当にこの相手でいいのかな?という迷いが生じます。
相手のペースに合わせて「待つ」姿勢を見せましょう。
メールなどで連絡をする時にも、思いやりのある態度が吉となります。

4.気持ちが変わった
「好き」という気持ちには温度があります。
まだほのかに温もりがあるけど、気持ちの温度が当初より下がってしまった。
そういう時にも、連絡の頻度が下がる傾向があります。

対処方法として有効なのが「2人でいる時がいちばん楽しい」と思わせる事です。
相手に興味を持たせる工夫が必要なケースですが、頑張りすぎは相手にプレッシャーを
与えてしまいますので、注意しましょう。

状況の見極めに迷った時には

悩みの渦中にいる時、状況を冷静に見極めるのは難しいと思います。
そういう時には、信頼できる相談相手を見つけると
いいでしょう。

友人、家族など、誰でも構いません。
重要なのは、状況を言葉にして話すことです。
自分1人の中で考えていた際には見えなかった問題点が明らかになるなどの効用があります。

近しい間柄の相談相手から偏った意見しかもらえない場合は、電話占いなどで第三者の意見を利用するのもおすすめです。

いつでもどこからでも占いができます

業界トップレベルの占い師がお待ちしております

鑑定の流れ

占い師は皆ハイレベルで、「なぜ私の心がわかるの?」という驚きの声がたくさん寄せられています。

電話鑑定

198 / 1分
  • 税込み
  • クレジットカード利用可能
  • 指名料金無料