「正社員を辞めたい…!」そう思う瞬間とその気持ちを「乗り切る」方法

仕事場での人間関係は「挨拶」と「距離感」が大切

仕事を辞めたいと思ったことありませんか?
エン・ジャパンが行った「仕事を辞めたいと思った瞬間」についての調査結果では「仕事やアルバイトを辞めたいと思ったことがある」と答えた人はなんと全体の95%にも上りました。

どのような時に「仕事を辞めたい」と思うのか、またその気持ちを乗り切るための方法を紹介していきます。

 

「仕事を辞めたくなる瞬間」トップ3は…?

エン・ジャパンが行ったアンケートでは、退職を考えた理由のナンバー1は人間関係。
職場に嫌いな人がいたり嫌がらせを受けた時・人間関係に疲れた時に「仕事を辞めたい」と感じる人が最も多いようです。
また「仕事の人間関係」を理由に挙げたのは、特に医療・介護関係で働く人に多く見られるという傾向がありました。

次に多かった理由が給与の安さ。
自分のやっている仕事と見合っていない給料であると感じた時に、仕事へのやり甲斐や働く意欲が無くなり退職を考えるというケースも。
他の人と比べて自分の給料が安かった場合にも「辞めたい」と感じる人が多くなっています。
具体的には、販売・サービス・フード系・軽作業・製造・清掃系などの職種の人が多く不満を感じているという結果が出ました。

そして3位は働き方(残業や勤務日数)への不満。
残業が多く自分の時間が全く取れない・勤務日数が多く休みが無いなどを退職の理由にあげたのは、特殊な能力が必要となるクリエイティブ系やIT・技術系で働く人に多く見られるという結果に。

他には「仕事内容」「理不尽に怒鳴られた」という理由もあるようです。

「辞めたい」を乗り越える方法とは?

しかし「仕事を辞めたいと思ったことがある」と答えた人の中で、本当に仕事を辞めた人は27%程度であるという結果も。
「辞めたい気持ち」を乗り切る方法を考えていきましょう。

1、やりたいことや趣味を持つ
辞めたい気持ちを我慢して続けていくのは、精神的にも疲れストレスが溜まるもの。
自分のやりたいことや趣味の時間をつくり、ストレスを緩和していくことが仕事を乗り切る原動力になることもあります。
自分の好きな時間を持つことで、気分がリフレッシュし仕事へのモチベーションが高まるという効果も期待できます。

2、未来を想像してみる
自分がここで働き続けたら3年後にはどうなっているかを想像してみましょう。
今は給料が安く人間関係も悪くても、昇給や転勤などで3年後には悩みが解消されていることが想像できれば「今だけの我慢」と思って乗り切っていけるもの。
なるべく良い未来を具体的に想像することで、仕事のこなし方やモチベーションなども変わってくるでしょう。

3、占い師など第三者の声を聞いてみる
他人や周りの客観的な意見を聞いて現状を判断するのも実はとても大切な要素。
しかし「仕事を辞めたい」という悩みは友人や家族にはなかなか話せない場合もありますよね。
そんな時には占い師などの第三者に相談してみるのもオススメです。
第三者からのアドバイスを聞いて、冷静に自分の置かれた状況を見つめ直してみましょう。

多くの人が悩んでいる「仕事を辞めたい」気持ち。
なぜ辞めたいのかをよく考え、自分を見つめ直すことで解決策が見つかることもあります。

自分に合った解決方法を探して、仕事を楽しめる方法を見つけていきましょう。

いつでもどこからでも占いができます

業界トップレベルの占い師がお待ちしております

鑑定の流れ

占い師は皆ハイレベルで、「なぜ私の心がわかるの?」という驚きの声がたくさん寄せられています。

電話鑑定

198 / 1分
  • 税込み
  • クレジットカード利用可能
  • 指名料金無料