失敗しづらい転職のタイミングとは?

失敗しづらい転職のタイミングとは?

現状に満足せず、さらに上を目指したいと思っている向上心の強い性格の人なら、一度は転職を考えたことがあるかもしれません。

ベストな転職のタイミングは、一体いつなのでしょうか?
もし、後ろ向きな感情があるのなら今は転職をするタイミングではないかもしれません。

まずは転職の理由を明確にする

今の自分になぜ転職が必要なのでしょうか?
転職とひとくちに言っても、抱えている事情は色々あります。

転職を成功させるためには、転職したい理由をはっきりさせることが重要です。
たとえば、今の職場の人間関係に不満を抱いていて逃げ出したいと考えている場合は、どんな会社に転職しても再び同じ悩みに直面する可能性があります。
自分を変えない限りは、周囲の人が変わっても同じことです。

今の職場から抜け出しさえすれば何とかなるという考えは浅はかだといえます。
転職したい理由にじっくりと向き合って、正しい答えを導き出しましょう。

自分から行動できているかどうか

今の会社では重要な仕事を任せてもらっていない、モチベーションが上がらない、マンネリを感じている、 という場合は転職にふさわしいタイミングではないと言えます。

重要な仕事を任せてもらえるように自分から積極的にアピールし、行動しましょう。
ただ待っているだけでいい話が転がり込んでくることは、ほぼありえないことです。

自分から行動できていないなら、どんなにいい条件の会社に移ったとしても、結局は同じような結果を招きます。
実は、転職を考えられないほど仕事が波に乗ってうまくいっているときこそが、ステップアップのための転職にふさわしいタイミングなのです。

うまくいっているときはその職場や業務にこだわりもあるでしょう。
そのタイミングで転職に踏み切るのは大きな勇気が必要ですが、納得するまで行動して、考えて、転職に踏み出してください。

仕事が順調な人は生き生きしている

仕事がうまくいっていない、今の職場に不満を感じているという人は、どことなく前向きではない雰囲気が漂っているものです。

反対に、仕事や職場での人間関係がうまくいっていて、仕事にやりがいを感じている人は熱意や活力に満ちており、魅力的な人材に見えます。
人材の採用を決定する担当者は人を観察する能力に長けているため、前向きではない感情を持ったまま転職に臨んでも、採用される確率は低いと考えられます。

転職は思っている以上に行動力を必要とします。
仕事に対する視野が狭くなっていたり、精神的にも肉体的にも疲弊しきった状態では、転職先としてふさわしい企業かどうかを見誤ってしまう可能性があります。
転職に迷った時には一人で考え込まず、身近な人、あるいは占い師やセラピストなどでも構いませんから、第三者の意見を取り入れることも視野にいれてみましょう。
思わぬ打開策が浮かぶかもしれませんよ。

いつでもどこからでも占いができます

業界トップレベルの占い師がお待ちしております

鑑定の流れ

占い師は皆ハイレベルで、「なぜ私の心がわかるの?」という驚きの声がたくさん寄せられています。

電話鑑定

198 / 1分
  • 税込み
  • クレジットカード利用可能
  • 指名料金無料