本当は恐ろしいネット依存症の症状と軽減する方法

本当は恐ろしいネット依存症の症状と軽減する方法

現代社会では携帯電話やスマホを通じて二十四時間いつでもネットに接続できるという環境を持つ人は大多数です。

「ネットをやめたいのにやめられない」という人は要注意です。
手軽だからとネットばかりしていると、一体どんな不都合が生まれるのでしょうか?

ネット依存症を軽減するための方法をいくつかご紹介します。

 

あなたは大丈夫? ネット依存症

「友人と遊びにでかけるよりネットの友人とのチャットを優先してしまった」「食事中もスマホが手放せない」というような事態に陥っていませんか?

インターネットはその便利さ故に、人間を虜にしてしまうことがあります。
ネット上で仕入れる情報が仕事の役に立つことは多々ありますし、ネット上の友人と過ごす時間に幸福を見出すことは悪いことではありません。

しかし、度を過ぎてしまうと現実社会での生活を億劫に感じたり、円滑な人間関係に支障をきたすことも……。
考え方であれ、実際の行動であれ、現実よりもネットの世界を優先してしまうという人はネット依存症の可能性があります。

メリハリをつけてネットをする

ネット依存症を軽減する方法はいくつかあります。

ネットをする時間や、スマホと向き合う時間を区切ることが大切です。
スマホは通勤時間だけ使う、眠る前の1~2時間前にはパソコンの前から離れる、などのルールを設けて向き合うようにしましょう。

パソコンやスマホのモニターから出る光は、人間の交感神経を活発にさせスムーズな入眠を邪魔することがわかっています。
睡眠不足を感じている人は寝床でのスマホの操作にはとくに注意しましょう。

ネット以外の趣味を持つ

暇つぶしのためについネットをしてしまうという人は、趣味の時間を持つことで症状が軽減される場合があります。
ネットでゲームをすることだけが趣味の人よりも、料理や編み物を楽しむ時間を持つ人の方がネットだけに集中せずに済みます。

趣味を充実させるためにネットで情報を仕入れているという人は少なくありません。
明確な目的を持ってネットを使用することは、ネットへの依存を断ち切ることへとつながります。

思い切ってネットがない環境を作る

ガラリと環境を変えることは、ネット依存からの脱却の手助けとなります。
そこでおすすめな方法が、ネットを使用することのない環境を作ってそこでしばらく生活をするという方法です。

例を挙げると、海外旅行やお寺の体験修行などです。
もっと身近に、友人や親せきの家へ泊りにいくという計画をたててもいいでしょう。
パソコンやスマホを持たない環境は、自分へと向き合うチャンスをくれます。

家族との連絡が取れなくなることが不安なら通話機能とメール機能だけのシンプルな携帯電話を用意しておきましょう。
たとえ1日でもネットがない環境で生活することに異常なまでの苦痛を感じるという場合は、かなり末期的な症状だと考えられます。

何をしてもネット依存から抜け出せないという場合は電話占いを通じて第三者に意見を求めることも一つの方法です。

 

いつでもどこからでも占いができます

業界トップレベルの占い師がお待ちしております

鑑定の流れ

占い師は皆ハイレベルで、「なぜ私の心がわかるの?」という驚きの声がたくさん寄せられています。

電話鑑定

198 / 1分
  • 税込み
  • クレジットカード利用可能
  • 指名料金無料
はじめてご来店のお客様にプレゼント
1000ポイントをプレゼント。 次回の鑑定は1000円の割引が出来ます。 ・お友達紹介ありがとうキャンペーン実地中! 紹介してくれた方とお友達それぞれに1000ポイントをプレゼント。次回の鑑定は1000円の割引が出来ます。